チャットレディと風俗嬢のメリットとデメリットとは

チャットレディと風俗嬢はどっちがメリット多い?

女性ができる高給の仕事といえば、チャットレディ以外にも水商売などがありますが、チャットレディと比べたときにどちらが稼げるのでしょうか。

女性が稼げる仕事のキャバクラなどと比べると、オンラインのキャバクラと言われているチャットレディは似ています。

チャットレディはなんといってもネットというバーチャル空間を介して、男性客とおしゃべりするだけなので、キャバクラと比べるとかなりアドバンテージがあるといえます。

チャットレディは他の水商売と比べて顔バレなどの危険性がありますね。ネット上で不特定多数のひとにみられているわけですから。

次に女性が高給を稼げるバイトの代表格である風俗と比べてみると、風俗は日給が高いというメリットがありますが、不特定多数の男性とセックスをしなければいけないという性病のリスクもあります。

チャットレディと風俗やキャバクラを比べてみると結局、どちらに軍配があがるのでしょうか。私は、それはもちろんチャットレディだと断言出来ます!

女性の副業や高収入として筆頭格のヘルスやキャバクラなどと比べても遜色ないほど稼ぐことができるのがチャットレディです♪

以下には、女性が稼げる仕事であるキャバクラなどとチャットレディをさまざまな切り口からメリットとデメリットを徹底比較しているのでぜひ参考にしてください。

チャットレディのメリットデメリットを解説!

メリット1 アルコールを飲まなくていい

チャットレディとキャバクラなどと比べてみて一番最初に思いつくのは、男性ユーザーと会う必要がないという点です。

物理的にあう必要がないので、風俗みたいに濃厚な接触をする必要もないですし、キャバクラやガールズバーみたいに、ボディタッチをされることもなく、お酒を飲む必要もなく、ただただ単純に楽しく会話するだけで男性を楽しませて、お金をサクッと稼げちゃいます。

たまには、いやなお客さんもいます。たとえばアダルトを強要してきたり、しつこくいってきたりするお客さんです。そういう人は強制退場機能を使えば楽々ブロック出来るので、使いこなしましょう。

メリット2 時給が高く稼ぎやすい

チャットレディはキャバクラや風俗にも負けず劣らずの高時給で知られています。なんとその時給は3000円から6000円くらいが平均で、最高時給では7200円にもなるライブチャットもあります。

ノンアダルトかアダルトOKかによったり、稼働時間によっても変わってきますが、安定的に毎月30万、50万を稼ぎ続けられる職業です。

常連さんがたくさんいたり、ヘビーユーザーがたくさんいたりする、人気のチャットレディは固定客だけで毎月100万円以上稼いだりしている人もいるので、ぜひそれくらいのレベルを目指しましょう!

メリット3 家の中で家から一歩も出ずにお金を稼げる

次のチャットレディのメリットとして、店舗などに通勤する必要がなく、すべて家で仕事が完結出来るという点です。

出勤が絶対に必要になってくるキャバクラや風俗などと違い、ものすごい自由度が高いです。

メリット4 自分の好きなタイミングで仕事できる

チャットレディはスマホだけでもお仕事可能なので、家だけでなく出先でも気軽にお仕事することができます♪

自分の自由に働く時間を決めることができるので、何の予定も入ってない休みの日や、何かが急にキャンセルになった隙間時間に効率的に稼ぐことができます。

チャットレディだけではなく、男性ユーザーもスマホ一台で女性とのチャットを楽しめるので、気軽にチャットサイトを使っている人も多く、ライブチャットに滞在している男性客は絶えることがありませんので、稼ぎやすいです。

メリット5 容姿に関係なく採用される

風俗やキャバクラなどはその店の雰囲気というものがあるので、当然そういう雰囲気を持った女性だけを集めているので、面接で受からないなんてこともざらにあります。

チャットレディは、面接で受かってそのサイトに所属することに、なにか衣装的な費用がかかるというわけではないので、チャットサイト側が女性を落とすメリットはありません。なので、ほぼ全員チャットレディで働けるといってもいいでしょう。

チャットレディの面接や登録で落とされるなんてのは、身分証明書の不備だったり、入力事項を適当に入力したとかくらいしかないと思います。

面接があるサイトでも面接して登録完了してしまえば、その日のうちに働けるようになるその即効性もチャットレディならではですね♪

メリット6 セクシーなスタイルなどいろんな売りがある

チャットレディは顔がいいだけではなく、かわいい仕草やかわいい雰囲気作りやかわいく見える会話などで、いくらでも人気チャトレになって稼ぐことができます。

おっぱいを見せても抵抗がない人は、顔出しなしでも稼ぎやすいアダルトチャットレデイがおすすめです。

そもそもライブチャットを利用している男性会員というのはキャバクラなどと比べて母数や絶対数がダントツに多いので、それだけ自分のことをすいてくれる男性がたくさんいます。

チャットレディは容姿端麗でなくても、いろいろな稼ぎ方があります。メールだけでも何万も稼いでいる人もいますし、スタイル抜群さを売りにしている人もいますし、アダルト一本でやっている人もいます。自分にあったスタイルを売りにしましょう!

デメリット1 身バレする可能性がある

チャットレディのデメリットの一つに、自分チャットレディをやっていることが、家族や友人などに知られてしまうと言うことです。

ライブチャットを顔出しありでやっていると、待機中に自分の顔を写していて、もし知り合いがそのライブチャットで遊んでいたら、身バレしてしまうリスクがあります。

顔出しありでやっていても、髪型やメイクでいくらでもごまかすことができるので、顔バレ対策することもできます。

個人情報がもれるかもしれないと不安に思っている人もいると思いますが、個人情報は徹底的に厳重に管理されているので、まず漏れることもありませんし、今まで個人情報が漏れたことはありません。

チャットレディをやっている女性自身が男性に自分からプライベートな情報を言わない限りは、チャットサイトからもれるということはないといっていいでしょう。

デメリット2 歩合制だからチャットしてくれないと報酬がない

ライブチャットというのは、待機時間がありますが、男性客がチャットにログインしてくれない限り、この待機時間だけでは報酬になりません。

通勤チャットレディのチャットルームでも、在宅チャットレディの家でも、待機時間のみだったらいくらやっても報酬になりません。

チャットレディの平均的な時給は4000円くらいですが、これは待機時間を含めない時給なので、なるべく稼働できるような人気のチャットレディになる必要があります。

デメリット3 映像をキャプチャされる可能性

チャットレディは顔出しで待機している以上は、不特定多数のサイト利用者に自分の姿が見られる訳なので、キャプチャされてしまう可能性もあります。

チャット利用者がチャット中のキャプチャを完全に防ぐことはできません。

男性客がキャプチャを利用するときと言うのは、個人的に楽しもうと言うことがほとんどで、しかもネット上に流すというのは犯罪行為なので、わざわざそこまでしてネット上に流そうとする人もいないです。

風俗で働いたときの利点とは

メリット1 時間あたりの給料が高い

チャットレディも高時給ですが、風俗もかなりの高時給です。ピンサロからデリヘルからソープまでいろいろなものがありますが、平均すると2万円から5万円くらいの日給になります。

風俗というのはとにかく日給が高いのが特徴です。その代わりどこのどういう男性かもわからない相手と濃厚な接触をしなければならないというストレスがありますね。

メリット2 好きなタイミングで働ける

風俗はチャットレディとは違い店舗に出勤する必要がありますが、一般的なバイトやパートに比べて、個人個人の好きな時間帯に出勤することができます。

メリット3 即金でもらえる

風俗のメリットは完全に即金で報酬をもらえるところです。その日に稼いだ分が帰りには確実にもらえるので即金がいいという人にはうれしい制度です。

デメリット1 汚いことをしなければならない

風俗は直接的に濃厚なサービスを提供しなければいけないので、不潔な男性だとか礼儀が乏しい男性だとかにあたったとしても接客し続けなければならないのはデメリットです。

汚い男性客とかにもお金をもらっている以上オーラルセックスなどを施す必要があり、生理的にきついものがあります。

デメリット2 性病をうつされるかもしれない

風俗の最大のリスクは性病に移るかもしれないということです。どうしても濃厚な接触をする必要があるので性病のリスクは大きいです。

デリヘルマニアとかソープマニアみたいな男性はいろいろなところで性病をもらってきている確率が高く、そういう男性が客だったら性病のリスクが上がります。

デメリット3 年齢によって収入が左右される

風俗というのは肉体的な性的サービスなので、若い子がどうしても有利になってしまうことは否めません。30代40代でも稼げるのは人妻専用風俗みたいなところだけです。

デメリット4 知り合いなどにバレる可能性がある

自分が働いている風俗の店舗に知り合いの男性が来店して、接客なんてすることになったら、完全にあなたが風俗嬢をやっていると言うことが知れ渡ってしまいます。

総合的にどちらが有利か?

両方とも時給が高い

チャトレとデリヘルやソープなどの風俗は双方とも他の一般的なバイトと比べて高時給のバイトであることです。

チャットレディは青天井で月収が増えていきます。もちろん人気のチャットレディになってリピーターがたくさんいる場合に限りますが。

人気の報酬ランキングトップクラスにランクインするようなチャットレディは時給で3万円くらいいく人もいます。

人気のヘビーユーザーがたくさんいるチャットレディでない、ごく普通の女性がチャットレディをやっていても日給で平均的に1万円くらいは稼げるといわれています。

チャットレディは風俗と比べても遜色ないくらいの高時給を誇りますが、やはり肉体的なストレスもあるので、全体的には風俗の方が時給がたかい計算になっています。

チャットレディと風俗はどちらも待機というものがあり、これを含めると総合的な時給はすこし下がってしまいますね。待機時間というのは実際に何かしてお金が発生しているわけではないので、無報酬になります。

風俗嬢は指名が入らないと稼働時間が延びませんし、チャットレディもヘビーユーザーみたいなひとがいないと待機時間が延びてしまいがちです。

ですが、風俗はお店に来店した人しかターゲットがいませんが、ライブチャットというのは一日に何万人ものお客さん使っているので、チャットしてくれる確率が段違いに上がります。

空いた時間にお小遣い稼ぎできる

チャットレディはネット上でお仕事ができるので、24時間稼働しているチャットサイトがある限り仕事をすることができます。早朝だろうが深夜だろうが昼下がりだろうが、いつでもどんなタイミングでもお仕事が可能ですし、何時間でもやることができます。

風俗店などは店舗の営業時間にあわせた働き方になりますが、比較的好きな時間や日数で働くことができるといわれています。

現金でその日にもらえる

風俗とチャットレディは日払い可能なところが多いです。風俗はほとんどすべてといってもいいくらいその日のうちの報酬はその日の帰りにもらうことができます。チャットレディは日払い可能なところもありますが、ほとんどは翌日に振込のところが多いです。

ノルマを気にしなくていい

チャットレディでもファッションヘルスでもソープランドでも、ノルマなんてものがあっても、どれくらい来客があって、どれくらい指名されるかもわからないので、本人の努力ではどうしようもないので、ノルマなんてものはそもそもありません。

チャトレの方が創造的にメリットが多い!

ここまで淡々と風俗とチャットレディについて見比べてきましたが、チャットレディの方が総合的におすすめです。

チャットレディをやる最大のメリットは風俗をやるときに比べて肉体的にも精神的にもストレスが少ないのがいい点ですね♪

チャットレディならバーチャル空間でお仕事できて、男性と接触どころか同じ空間にいる必要もないので、きれい好きな女性全般から人気が高くなっている副業です!

他にチャットレディが優れている点として、隙間時間を有効活用して、ほんの30分1時間をお金に換えることができることです。

風俗でもチャットレディでも融通がききやすいといわれていますが、チャットレディなら自宅にいる隙間時間に働くことができますし、文字通り24時間365日働くことができます。

他にも、チャットレディはネット上という巨大な市場があるので、風俗と比べるととても稼ぎやすいといわれています。

ライブチャットを使っている男性というのは、デリヘルやソープをつかって女性との交流を楽しんでいる客層とは若干違いますが、そもそもの分母が多いので、自分とチャットしたい!といってくれる男性なんていくらでもいて、すごい稼ぎやすい市場があるんです。

ネット上のお客さんというのはリアル世界のお客さんよりも爆発的な人数がいます。30代や40代の女性なら熟女専門の風俗店で稼ごうとするよりも、熟女専門のチャットサイトで稼いだ方が稼ぎやすいともいわれています。

熟女専門サイトのライブチャットだったら50代や60代の女性も活躍しているので、かなり高年齢の熟女でも稼げる環境が整っています。

ここまででチャトレと風俗嬢をやる上で、どれくらいメリットとデメリットがあるかを検証してきましたが、どうでしたでしょうか。

短期的に一気に稼げるのは風俗ですが、チャットレディも見劣りないくらい稼げます。一般的なアルバイトをするくらいなら、アダルトなしだったり顔出しなしでチャットレディをやった方が稼ぎやすいと思います。

チャットレディは風俗ほどの爆発力がありませんが、普通のバイトと比べると、時給も何倍もありますし、通勤しなくて自宅で好きな時間に働くことができて、24時間365日働くことができたり、報酬が次の日に振り込まれたり、様々なメリットがあります。女性ができる仕事で一番高級なのはチャットレディではないでしょうか。